天王寺区・生野区のO脚矯正 TOP> O脚矯正コラムのページ > 『治りやすいO脚』と『治りにくいO脚』

『治りやすいO脚』と『治りにくいO脚』

O脚には『治りやすいO脚』と『治りにくいO脚』があります。
下の写真の右の写真の方と左の写真の方ですが、どちらが治りにくいと思いますか?

正解は右。

左の写真の方は、一見ヒドいO脚のように見えますが、脚にイヤなねじれががないので、治るまでにそれ程時間がかからないタイプです。
このタイプは、骨盤を調整して正しい位置にしたら、あとは簡単な体操で改善します。

右の写真の方は、一見わりと軽いように見えます。
しかし、膝下のカーブが強いのが分かりますか?

このタイプの方は、脚全体が強くねじれていて、実はとても治りにくいのです。

このタイプ脚の方は、骨盤の調整はもちろん、太もも・ふくらはぎ・足首も調整しないと良くなりません。
膝をつけるのばそれほど難しくはありませんが、ふくらはぎまでくっ付くようにするには、かなり時間がかかります。

もしかしたら、ふくらはぎは完全に付かないかもしれません。

あなたは、どちらのタイプですか?

ご予約の際に「私、けっこうヒドイです」と言われる方は、意外と右のタイプが多いです。

見かけはヒドイように見えるけど、実は素直で治りやすいタイプ。

一度見せていただければ、『治りやすいO脚』か『治りにくいO脚』をお伝えできます。

悩んでいても良くなりません!!
お気軽にご相談下さいね。


初めての方へO脚矯正実績

 

 

お問い合わせについて

電話番号 0120-06-4305
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

▲ページトップに戻る